Q&A

産業廃棄物に関するQ&A

産業廃棄物の種類など、産業廃棄物に関する詳細は「廃棄物とは」よりご覧いただけます。

この中で、「法」とは廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法137)、
「施行令」とは廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行例、
「規制」とは廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則をいいます。

許可業者の選定方法

委託する業者はどうやって選べばいいのですか?
県、中核市より業の許可を得ている業者は沢山おりますので、排出の品目に合致する許可を持っているかどうかを調べてから、契約をするようにしましょう。
選定する1つの目安として、当協会に加入している業者を選定することをお勧めいたします。当協会員は優れた実績、信用等があって加入が承認された優良企業です。会員名簿はここからもご覧になれます。
会員名簿には、許可の概要等が記載されておりますが、更に詳しい内容を知りたい方は、当協会発行の「(一社)福島県産業廃棄物協会 会員名簿」(定価 1,000円)を購入の上確認してください。なお、福島県、郡山市、いわき市の許可を得ている全ての業者を記載した「産業廃棄物処理業者名簿」(定価 4,000円)も頒布しておりますので、ご利用願います。
実際に委託業者を選ぶ際の注意事項はなんですか?
1.収集運搬業(搬出先の所在地を管轄する行政庁の業の許可の確認)
排出品目に合致する業の許可を確認してください。
排出品目が許可の範囲に入っているかの確認は当然ですが、搬出する処分先が同じ県内であっても中核市の場合は、その中核市の許可が必要となりますので、その所在地を管轄する行政庁の許可を得ているか確認する必要があります。
例1. イ点からB中核市を経由してロ点の処分先へ運搬 (A県の許可のみで可)
例2. ハ点からニ点の処分先へ運搬 (A県の許可のみで可)
例3. ホ点からC中核市のヘ点の処分先へ運搬(A県の許可とC中核市の許可が必要)
例4. B中核市のト点からC中核市のチ点へ運搬(B中核市とC中核市の許可が必要)
<注 福島県内の中核市は、郡山市及びいわき市の2市となっています。>
2.処分業
排出品目に合致する業の許可を確認してください。中間処理の焼却でも、品目が限定されていますので、要確認です。品目によっては安定型に埋立が不可能なものがありますので、注意して選定しましょう。
「安く処分、運搬してやる」などと言って来る業者もいると聞いておりますが、そういう業者は大丈夫なのでしょうか?
収集運搬や処分(中間・最終)の協定料金というのはありませんが、あまりにも安い料金は不法投棄につながる可能性もあり、安さだけで契約すると、後で排出者責任が問われることも考えられます。充分調査の上で選定・契約するようにしましょう。なお、不適正処理等によって、行政処分を受けた業者は、環境省から公表されております。こちらを参考にしてください。
  • 講習会
  • Q&A
  • 会員専用ページ
PageTop