お知らせ

[2009/10/19]

平成21年度最低賃金周知広報の実施について

 最低賃金制度は、賃金の低廉な労働者の労働条件の改善に重要な役割を果たしているところであります。
 本年度においては、地域別最低賃金額が生活保護水準を下回る都道府県を中心として、多くの都道府県で地域別最低賃金額の引き上げが行われたところですが、改定された地域別最低賃金額の周知徹底を図ることが履行確保を図る上で一層重要になっております。
 このため、厚生労働省では、10月1日までに改定された地域別最低賃金の公示が行われたことから、改定された地域別最低賃金額の周知広報を実施することとしております。

→■PDFはこちら

[2009/07/16]

電子マニフェスト操作説明会開催のお知らせ

電子マニフェストとは、紙マニフェストを電子化し排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者が情報処理センターを介したネットワークでやりとりする仕組みです。この仕組みにより排出事業者、処理業者の事務が軽減されるとともに、偽造がしにくく不適正処理の原因究明の迅速化にもつながることから、福島県ではこの電子マニフェストの普及促進に努めています。
今回、電子マニフェストの操作説明会を開催しますので、是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。尚、参加申込書につきましては、福島県不法投棄対策室ホームページよりダウンロードできます。

こちらから…■様式等ダウンロード

[2009/07/16]

庁舎等維持管理業務入札参加資格審査申請の受付について

平成21年度は基準年となっており、現在有資格者名簿に登録されている有資格者であっても、平成22・23年度の庁舎等維持管理業務の入札に参加を希望される方は必ず申請されることになっております。
つきましては、入札参加資格審査申請の御案内を下記のPDFファイルによりダウンロードし、申請手続きの参考としていただきますようお願い申し上げます。

→■PDFはこちら

[2009/06/30]

職場における熱中症の予防について

職場における熱中症の予防については、「熱中症の予防について」及び「熱中症の予防対策におけるWBGTの活用について」により対策を推進しているところですが、熱中症による死亡者数が全国では年間約20名を数え、また、休業4日以上の業務上疾病者数が年間約300名にも上っています。
さらに、糖尿病、高血圧症等が一般に熱中症の発症リスクを高めること等から、これらを踏まえた熱中症予防対策の推進を図ることが必要です。
このような状況を踏まえて、今般、別添のとおり、新たな職場における熱中症予防対策が取りまとめられたところです。

→■PDFはこちら

[2009/06/25]

評価基準への適合性の手続きの随時受付について

これまでは、評価基準への適合性確認の申出は、(特別管理)産業廃棄物処理業の更新許可申請時のみ可能でしたが、平成21年4月より許可申請時以外でも申出できることとなりました(随時受付)。
これにより、既に評価基準を満たしている処理業者の方は、(特別管理)産業廃棄物処理業の更新許可申請時まで待たなくても、随時申出することが可能です。
なお、申出できるのは、次のいずれかを満たす必要があります。


(1)福島県知事から、(特別管理)産業廃棄物処理業許可を取得しており、同一区分の処理業を5年以上営んでいること。
(2)福島県知事に、(特別管理)産業廃棄物処理業の新規許可申請を行う場合、及び、福島県知事の(特別管理)産業廃棄物処理業許可を取得しているが、同一区分の処理業を営む期間が5年に満たない場合は、他の都道府県知事又は政令で定める市の長から当該許可を取得し、同一区分の処理業を5年以上営んでいること。

こちらから…様式等ダウンロード

  • 講習会
  • Q&A
  • 会員専用ページ
PageTop